高機能ビジネスインテリジェンスツール
Zap-In Technology

ビジネスインテリジェンスとは

 ビジネスインテリジェンスとは、社内データベースに蓄積されたデータを企業の意思決定に活用するためのものです。膨大なデータから必要なデータを検索したり多次元分析して有用な情報を取り出しあるいはデータマイニングして、理解しやすいグラフや表でレポートにまとめ、状況把握や意思決定を支援します。

 データ検索や分析の過程では、有用な情報を取り出すために検索や分析の方法をいろいろに試してみる作業が重要になります。このために、システムとしては操作性・多機能性・処理速度などが重要になります。

ビジネスインテリジェンスシステムの構築

 このような分析のためには、元データを整理整形(データクレンジング)して、巨大データベース(データウェアハウス)に蓄積し、その中から分析に必要なデータを加工抽出処理を構築して使いやすいサイズのデータベース(データマート)に収めておきます。それをいろいろな手法で高速にデータ分析します。

BIprocess

 上記の分析の部分のシステム構築には、以下の手法があります。

・一般のデータベースシステムを利用する手法

データ分析が多機能で高速だが、分析のプログラミングが必要なので専門家が必要。

・ビジネス・インテリジェンス・ツール(BIツール)を利用する手法

グラフィカルな操作で分析できるが、扱えるデータ量が限られ、分析機能や速度も高くない。

・表計算ソフト(EXCEL等)を利用する手法

手軽に分析できるが、扱えるデータ量が限られ、分析機能や速度も高くない。

Zap-In Technology を利用する手法

データ分析が多機能で高速。表計算ライクな操作で分析ができる。大規模データでも高速なのでデータマートが不要。クレンジング機能も強力。

BI-Zap-In

ビジネスインテリジェンス機能の比較
 処理 一般データベースシステム ビジネス・インテリジェンス・ツール 表計算ソフト(EXCEL等) Zap-In Technology
クレンジング機能  一般的にはある  なし  なし  強力
データベース分析機能  強力  値の種類が多いと対応できない  JOIN処理などができない  強力
操作 SQLを用いる
(習熟が必要)
 グラフィカルで容易 表形式で容易  表形式で容易
処理プログラミング  SQL言語プログラミング  不要(または専門家による)  不要(またはある程度できる)  自動プログラミング
処理速度  高速 低速 低速 超高速
大規模データ 対応できる 対応できない 対応できない 対応できる
データマート  データ量によっては必要  必要 必要  ビッグデータでも不要
視覚化・グラフ化 可視化ツール  強力 強力  EXCELに接続して表示

Zap-In Technology のビジネスインテリジェンス機能

Zap-In Technology は、優れたビジネスインテリジェンス機能を提供しています。

ワンストップ処理で高い業務効率

 クレンジング・データ分析・分析結果可視化の流れのすべてがスムーズに出来ます。
データ分析で必須となるクレンジング処理は、多くのビジネスインテリジェンスツールが苦手としていますが、 Zap-In Technology は多機能・高速なクレンジング処理を持っています。データベース処理が超高速でビッグデータ対応できるので、データマートが不要です。分析結果をEXCEL へスムーズに連携する機能を持っていますので、EXCELの豊富な機能を利用してさまざま可視化を行うことが出来ます。

ビッグデータでも対話型処理で高い業務効率

 一般のビジネスインテリジェンスツールは、ビッグデータでは対話型とは言えなくなるほどに処理時間が長くなり、業務効率が低下してしまいます。
Zap-In Technology のビジネスインテリジェンス機能は、ビッグデータでも超高速に対話型で処理ができ、高い業務効率が得られます。

データ操作機能が充実し、しかも高速

 一般のBIツールが苦手とするデータ変換(単位換算、カテゴリ割付など)も高速処理ができます。ファクト・ディメンションテーブルの関係を用いたデータの転送も瞬時にできます。ExcelライクなFormulaも、カテゴライズも、型変換も超高速です。

 また、一般のビジネスインテリジェンスツールはグラフで視覚化して対話型処理操作を行いますが、例えば1万種の氏名が入っている顧客名簿データをグラフ化することは細かくなりすぎて現実的ではありません。グラフ内の項目をクリックできません。Zap-In Technology (AktblitzⅢ)は、対話型処理操作に表形式表示を採用し、高速で使いやすい環境を提供しています。

<次ページ: Zap-In Technology 応用例へ>