超高速ビッグデータ処理技術
Zap-In Technology

概要: Zap-In はインメモリ型データベースの最進化型

 データベースの中で最も成功し普及したリレーショナル・データベース。これを高速化するために、メインメモリにデータを置くインメモリ型データベースが登場しました。しかし、10倍程度しか高速化できていません。
ターボデータラボラトリーは、データ構造と処理アルゴリズムを根本から考え直してインメモリ型データベースを高速化しました。自社開発の成分分解法(*)に基づくアルゴリズムを基本においたことで、10倍~1,000倍、処理によっては100,000倍の高速性を引き出すことができます。
また、このデータ構造により、インメモリ型でありながら最大20億行の巨大データを取り扱うことが出来ます。

技術ご紹介

・Zap-In Technology 概要 へ
・処理の高速性 へ
・自動プログラミング機能 へ
・高機能ビジネスインテリジェンス へ
・応用例 へ
・ベンチマーク へ

・製品ご紹介 へ
・導入事例 へ

・技術文書 へ