社長からご挨拶

 画期的なデータベース技術である成分分解法の理論を作り、それに基づいた超高速データベースシステムを開発して世の中に提供するために株式会社ターボデータラボラトリーを設立してから十余年が経ちました。
幸い、導入して頂いた各社様からは高い評価を頂いております。今後も技術開発を進め、さらに画期的な製品をご提供したいと思っております。すでにいくつかの新開発技術に目処を付け、製品化の検討をしています。さらに良い製品を世の中で活用していただくために、パートナー企業各社様との連携を深め、社内の体制を充実させて行きたいと計画しております。
今後も、ご指導ご支援をたまわりますよう、お願い申し上げます。

株式会社ターボデータラボラトリー
代表取締役社長 古庄 晋二

古庄晋二

古庄晋二 略歴
1982 東京大学 工学部 を卒業
1982 ファナック株式会社に入社
1986 東京大学大学院 工学系研究科 修士課程 を修了
2000 株式会社ターボデータラボラトリーを設立し、代表取締役社長に就任

 

事業方針

ミッション

データベースの画期的イノベーション技術を世界に普及させ、
「ビッグデータを広範に利用して発展してゆく世界」を作り出す。

ビジョン

ビッグデータの画期的新技術を創出し続ける。

その画期的新技術を社会で役立つ製品として広く世界へ普及させる。

 

会社概要

名称

株式会社ターボデータラボラトリー
Turbo Data Laboratories, Inc.

主な事業内容

1.大規模データを超高速処理するデータベースシステムの技術開発・製品化・販売
2.上記に関する特許・技術のライセンシング

本社

231-0004 神奈川県横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル
電話:045-222-8826 FAX:045-222-8283

役員

代表取締役社長 古庄 晋二
開発担当取締役 ジャヒル フセイン
社外取締役   小笠原 國義
社外取締役   河上 達

資本金

2億44万円

設立

2000年8月28日

知的財産

<特許リストへ>

記事など

<記事などのリンクへ>

 

会社案内パンフレット

 –

<会社案内パンフレットへ>